藤田 典子 Noriko Fujita

[ 2014年5月26日 ]
「wild bird」 2011
エッチング  ed.20  23.5×19.5cm

1988 大阪府大阪市生まれ/2011 愛知県立芸術大学 美術学部美術科 油画専攻 卒業現在 同大学院美術研究科博士前期課程(修士)油画・版画領域 在籍

2013 B I R T H 結城泰介+箕輪千絵子+藤田典子展 「点描と刻線から始まる、ストーリー。」(不忍画廊)/2012 美系優秀−美術系学生選抜展− (春日井文化フォーラム)、「うつす」展(愛知県美術館ギャラリー)、BIBLIOTECA-ARTE PRINT LAB.collection of prints(長久手中央図書館・09~毎年)、INDIRECT’12(GALLERY APA/愛知)、クラコウ国際版画トリエンナーレ(クラコウ市立美術館/ポーランド)、第37回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館)、第六回大学版画展受賞者展(文房堂ギャラリー)、日本版画協会第80回版画展(京都市美術館)/2011 日本版画協会第79回版画展(京都市美術館:第78回展も)、Japanese Contemporary Printmaking Exhibition 現代日本版画展(中国美術学院美術館)、交差する版画 Exchange Exhibition of Printmaking 2011(名古屋造形大学Dギャラリー/愛知)、第36回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館:第34,35回展も)/2010 口論義Art Festival (愛知県口論義運動公園)、第7回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ展(大野城まどかぴあ/大分)、garden(愛知県立芸術大学講義棟)/2009 トライアングル(愛知県立芸術大学講義棟)◆個展:2012 Fresh2012藤田典子展(伊勢現代美術館)、藤田典子展(GALLERY N/愛知)/2011 「-Room-」(GALLERY ID/愛知) ◆賞歴:2011、12 日本版画協会第79回、80回版画展《賞候補》(京都市美術館)、2011,12 第35回、36回全国大学版画展《買上賞》(町田市立国際版画美術館)/2012 クラコウ国際版画トリエンナーレ《入選》(クラコウ市立美術館)

点/線について
“点は思考の細胞であり、線は思考の流れであると考えています。線や点刻など緻密に描く行為はとても小さく儚いものですが、その一つ一つは、不確かで曖昧な現実世界に生きる私たち自身のようで、とても愛おしく感じています。思考の集積が細胞のように蠢き合い、新たな世界を導き出してくれます。

【 出品作品はこちら 】

Back to top