#S|成田朱希新作展 “春と修羅”

[ 2020年5月9日 ]

「スカートの下の劇場」  2020  油彩、キャンバス 727×606(F20)

まず観客は、満月の夜、空になびくロングヘアの美少女を見上げながら、赤いスカートの下の襞襞に侵入して頂きます。
襞襞は、白木蓮の花びらのような生地に、ふんわりとソルティスの刺繍を纏いシャンパンゴールドのスパンコールや真珠で施され
キラキラとシルキーなとろみを感じつつ幾層もの分厚いドレープを掻き分け窒息しそうになりながらくぐり抜けねばなりません。
襞襞のホワイトアウトが続く中、視界は突然解き放たれると壮大になり、レッドカーペットからなる巻き貝のような骸骨のような階段の頂上に、劇場内部を開ける扉がございます。扉の向こうから薄く肉桂の香りと芸者囃子が聴こえ、開演のベルが鳴るのです。・・・成田朱希「スカートの下の劇場」ステートメントより

〈ブログでステートメント全文を公開しています。〉

 

 

夢のお告げ」 2019 「罪悪感」 2020 「道化師の夢」 2019

 

 「華と修羅」 2020 sold 「薔薇色」 2020

 

アップルⅡ」 2019  「夕暮れまで」 2020 「石榴」 2019

 

 【成田朱希 個展】ページへ

【お問い合わせ先】info@shinobazu.com (サイト内お問い合わせフォームからでも問い合わせいただけます。)

 

Back to top