私の好きな千尋作品…「アダムとイヴ」 鈴木冬根/編集者

[ 2014年1月18日 ]

画像をクリックすると拡大します

【編集者】

「アダムとイヴ」
シュルレアリスムの自動筆記(オートマティスム)のよう。硬質ながらなめらかなメタモルフォーゼ、すっきりとした増殖感が小気味良いです。それにしても、この細かなビュランの線・・・。左下の車輪が絶妙です。

Back to top