[ アーティストニュース ][ 呉 亜沙 ][ 安元 亮祐 ] 「猫まみれ」 北海道立帯広美術館

[ 2015年8月25日 ]

「猫まみれ展」が北海道立帯広美術館に巡回致します。古今東西のアーティストを魅了し続ける猫。猫を愛してやまない美術コレクター「招き猫亭」によるコレクションより、ビアズリー、スタンランから歌川国芳、竹久夢二やレオナール・フジタ、当ギャラリー関連作家として池田満寿夫、斎藤真一、安元亮祐、中佐藤滋、鈴木敦子、呉亜沙などの描く、多種多様な猫アートが集結いたします。
※展覧会に合わせ作品集『猫まみれ2』も刊行される予定です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招き猫亭コレクション 猫まみれ展
アートになった猫たち-浮世絵から現代美術まで

会期:2015. 9. 13(日)~ 11. 23(月・祝)
会場:北海道立帯広美術館
料金:一般800円、高大生500円、小中生250円
時間:9:30-17:00
休館日:月曜*(開館日もあり、詳細は美術館HPをご覧ください)

猫を愛し、猫作品を愛してやまない収集家・招き猫亭。そのコレクションにより、猫をモティーフとした絵画や素描、版画、立体等の多彩な作品を一堂に紹介します。

○優待割引「猫割」について
猫をモチーフとした持ち物を受付に提示いただくと割引料金でご覧いただけます。
(一般700円、高大生450円、小中生200円)

○「ニャぁニャぁの日」について
毎月22日は「ニャぁニャぁの日」!「猫まみれ展」クイズ参加者、各日先着100名様に 絵葉書をプレゼント。詳細は「関連事業(9月~11月)の御案内」をご覧ください。

Back to top