[ アーティストニュース ][ 安元 亮祐 ][ 池田 満寿夫 ] 月刊美術2017年1月号【池田満寿夫の没後20年】

[ 2016年12月26日 ]

月刊美術2017年1月号の一部に展覧会告知として【2017年は池田満寿夫の没後20年!】が掲載されております。

今こそ、その仕事を「芸術遺産(レガシー)」として見直す。
「2017年にイチオシすべきは池田満寿夫」として、その計り知れない画業を「芸術遺産(レガシー)」と位置づけ、
2月の二つの展覧会を皮切りに様々な角度から紹介していく。
時代を超越する池田芸術をこの機会に!

【安元亮祐-オマージュ池田満寿夫-】
会 期 : 2017.2.3(金) – 15(水)  会期中無休 会場 : Bunkamura Gallery
安元亮祐初期(1990年代)作を中心に池田作品へのオマージュ新作などペインティング、カラードローイングなど25点。
池田満寿夫1966年ヴェネツィアビエンナーレ展《グランプリ》受賞作を中心に銅版画、リトグラフ、陶芸など15点。
池田が推薦文を寄せた1997年Bunkamura.Gでの安元亮祐展から奇しくも20年後のオマージュ展となります。

【 “ レガシー ”  没後20年 池田満寿夫展】
会 期 : 2017.2.18(土)-3.4(土)  月曜休廊 会場 : 不忍画廊
初期ミニ銅版画「誕生・あんま〈土方巽のために〉」から、絶作「人間のすべて」まで
初期から手掛けた「ダンス、舞踏、身体」をテーマにした希少な作品で構成します。

 

(一部掲載内容)

Back to top