[ 展覧会情報 ] [ 山田 純嗣 ] [ 會田 千夏 ] [ 設楽 知昭 ] “Imagination dead imagine”
會田千夏|設楽知昭|三井田盛一郎|山田純嗣

[ 2019年8月10日 ]
会期:8/16(金)-31日(土) 日祝休廊 11:00-18:30

不条理劇『ゴドーを待ちながら』で知られる作家サミュエル・ベケット(1906-1989)。演劇界だけでなくジャコメッティやデュシャンと交流があり、ボルタンスキーやダミアン・ハーストを始め多くの現代美術家達にも影響を与えています。今年(2019)はベケット没後30年・ノーベル賞受賞50年の節目となります。今展はベケットが残した言葉《Imagination dead Imagine(想像力 死んだ 想像せよ)》からインスパイアされた4作家の新作を紹介する企画展です。

★イベント開催! 8/17(土) 16:30~18:00   『モロイ』(刊行予定)の翻訳家・宇野邦一氏と、表紙・挿絵を担当した三井田盛一郎によるトークイベント

 

 

-三井田 盛一郎 Seiichirou Miida-

「自転車 シリーズ‘モロイ’より」 2019年 銅版画 180x160mm

1965  東京生まれ
2000「町田市立国際版画美術館作家招聘 次代をになうアーティスト達 三井田盛一郎展」2009「EXHIBITION MIIDA SEIICHIRO」尾道市立白樺美術館
2011「AWAGAMI and Print Expression」文房堂ギャラリー
2014「国際木版画会議2014 木版ぞめき」
2015「Exhibition MIIDA SEIICHIRO- “岸壁の父母-此の人の月日”」Higure17-15 cas
2017「日中交流展 紐帯」寧波美術館(中国 寧波)
2018「ビーナスを綴じる」The Artcomplex Center of Tokyo 他
現在 東京藝術大学准教授

 

 

-會田 千夏 Chinatsu Aita-

 「the fissure 2019.7.31」  2019  天竺綿パネル・墨・鉛筆・胡粉など 660×330㎜

1980年 札幌市生まれ 多摩美術大学大学院美術研究修了
個展:不忍画廊(2008,2015)他
2003 全道展≪協会賞・最高賞≫
2005 全道展≪60周年記念賞・最高賞≫
2007「A☆MUSE☆LAND☆2007(小林孝旦、名和晃平他)」北海道立近代美術館、「VOCA展」上野の森美術館(2007 ,2018)、アートフェア東京2011「Living Art -日常- やさしさはそばに」札幌芸術の森美術館、JRタワー・アートプラネッツ2011《アートプラネッツ賞優秀賞》
2014「札幌国際芸術祭連携事業 會田千夏展」佐藤忠良子供アトリエ
2019「有島武郎青少年公募絵画展30周年・初代有島記念館70周年記念事業 會田千夏展」他
現在 北海道在住

 

 

-設楽 知昭 Tomoaki Shitara-

「窓硝子ノ中」 2019  油彩・シルバーポイント・パステル・カンヴァス  653×653㎜

1955年 北海道生まれ 愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了
個展:不忍画廊(2014,2016)白土舎、ギャルリーユマニテ、STANDING PINE他
1994「VOCA展」上野の森美術館
1997「語る身体・10人のアプローチ」北海道立近代美術館/帯広美術館/旭川美術館/函館美術館、「絵画の方向’97」大阪府立現代美術センター
2006「北の創造者たち」札幌芸術の森美術館
2008「版の誘惑展」名古屋市美術館
2009「放課後のはらっぱ」愛知県美術館/名古屋市美術館
2013「アイチノチカラ!」愛知県美術館 個展・出品歴多数。現在、愛知県立芸術大学教授

 

 

-山田 純嗣 Jyunji Yamada-

「(19-3) GABRIELLE D’ESTREES AND ONE OF SISTERS」 2019  BFK紙に鉛筆 300×400㎜

1974年長野県生まれ 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了
個展:不忍画廊(2008,2009,2012,2017)、日本橋高島屋美術画廊X、中京大学C-スクエア、一宮市三岸節子美術館他
2006「VOCA展」上野の森美術館
2009「現代絵画の展望—12人の地平線—」新橋駅旧停車場
2012「ポジション2012」名古屋市美術館、2013「アイチノチカラ!」愛知県美術館
2017「コレクションのドア、ひらきます」東京ステーションギャラリー、2018 「めがねと旅する美術展」青森県立美術館/島根県立石見美術館/静岡県立美術館
2019「アイチアートクロニクル」愛知県美術館 他|現在、愛知県在住

[ アーティストニュース ] [ 設楽 知昭 ] 絵画の何か part3 設楽知昭展 / Minatomachi POTLUCK BLD,3F

[ 2019年2月5日 ]

会期:[前期]設楽知昭|2019年1月22日(火)–2月16日(土) / [後期]秋吉風人|2019年2月19日(火)–3月16日(土)
時間: 11:00–19:00(入場は閉館30分前まで)
会場: Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F : Exhibition Space
休館日: 日曜・月曜
入場無料

→展覧会詳細

[ サイトウノリコ ] [ ホルスト・ヤンセン ] [ 二階武宏 ] [ 古茂田 守介 ] [ 呉 亜沙 ] [ 展覧会情報 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 會田 千夏 ] [ 橋場信夫・田沼利規 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 田沼 利規 ] [ 繁田直美 ] [ 設楽 知昭 ] [ 過去|past ] [ 門坂 流 ] 線の芸術Ⅱ 千差万別

[ 2019年2月2日 ]

門坂流 「秋桜」 2000年 紙・ペン 210x300mm

2019  2/4(月)-23(土)  日・祝休廊 11:00-18:30

腕・身体・指の動きが直に現れるデッサンやドローイングは最も短時間で出来る絵画手法であり、完成したタブローよりも、よりアーティストの息遣いを感じられ魅力的なものです。2回目となる線の芸術展では「千差万別」と言うサブタイトルの通り、新作・コレクションとも様々な作品が揃いました。
主な出品作家にはコメントをお願いし作品に添えて展示しています。合わせてお楽しみくださいませ。

【出品作家】
會田千夏、浅野勝美、池田俊彦、亀井三千代、柄澤齊、熊谷守一、古茂田守介、呉亜沙、駒井哲郎、サイトウノリコ、繁田直美、設楽知昭、
集治千晶、庄司朝美、鈴木明日香、田沼利規、中村正義、成田朱希、二階武宏、野見山暁治、長谷川利行、山田純嗣、山根一葉、ホルスト・ヤンセンほか

 

  亀井三千代 「SUMI JUNGLE-MANDARA-」シリーズ 2019年 墨・和紙

 

  田沼利規 左:「うなばら」  2019 ドライポイント  850x600 mm ed2

 

山田 純嗣 「(18-3) 夏秋草」  2018  紙、鉛筆  928x1000mm

 

池田 俊彦 上:「after gravity after time」  2019  インク、パステル、タイの手すき紙  565x755mm

 

集治千晶 「Chiakiぬりゑ 」シリーズ 2019  シルクスクリーン、水彩、ラメ  各400×400㎜

★2/8(金)・9(土) Chiakiぬりゑ ワークショップ開催予定

 

庄司朝美 アクリル板、油彩

★FACE2019・損保ジャパン日本興亜美術賞展で《グランプリ》受賞
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館2/23〜3/30

[ サイトウノリコ ] [ 中村 正義 ] [ 二階武宏 ] [ 作田 富幸 ] [ 北川 健次 ] [ 古茂田 守介 ] [ 呉 亜沙 ] [ 安元 亮祐 ] [ 山中 現 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 斎藤 真一 ] [ 橋場 信夫 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 渡辺 千尋 ] [ 田沼 利規 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 見崎彰広 ] [ 設楽 知昭 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 長谷川 利行 ] [ 集治千晶 ] [ 駒井哲郎・長谷川潔・浜口陽三 ] 会場風景:Collection|近代美術 ⇄ Selection|現代美術

[ 2019年1月10日 ]


























[ ショップニュース ] [ 設楽 知昭 ] Artist Booklet Vol6 「瞼 まぶた 設楽知昭」

[ 2019年1月9日 ]

[ サイトウノリコ ] [ 中村 正義 ] [ 二階武宏 ] [ 作田 富幸 ] [ 北川 健次 ] [ 古茂田 守介 ] [ 呉 亜沙 ] [ 安元 亮祐 ] [ 展覧会情報 ] [ 山中 現 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 斎藤 真一 ] [ 橋場 信夫 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 浜口 陽三 ] [ 渡辺 千尋 ] [ 田沼 利規 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 藤田 夢香 ] [ 見崎彰広 ] [ 設楽 知昭 ] [ 過去|past ] [ 鈴木 敦子 ] [ 長谷川 利行 ] [ 門坂 流 ] [ 集治千晶 ] [ 駒井哲郎・長谷川潔・浜口陽三 ] Collection|近代美術 ⇄ Selection|現代美術

[ 2019年1月8日 ]

山田純嗣  「(18-20) 樹花鳥獣」  2018  ポリウレタン樹脂、木、その他  440×345×h150 mm  ¥162,000  新作

会期:2019 1/10(木)-26(土)|日曜・祝日休廊|11:00-18:30

近代美術と現代美術をいかにつなげるか…》をテーマとした企画。
近代美術コレクション+現代作家の新近作を「ヒトガタ」「イキモノ」「アルカタチ」「風景と静物」の4セクションで対峙させる。

【出品作家】相原求一朗、池田俊彦、池田満寿夫、一原有徳、岡本信治郎、門坂流、北川健次、呉亜沙、駒井哲郎、古茂田守介、サイトウノリコ、斎藤真一、作田富幸、設楽知昭、集治千晶、菅井汲、鈴木敦子、関根美夫、田沼利規、中村正義、成田朱希、二階武宏、橋場信夫、長谷川利行、浜口陽三、藤浪理恵子、見崎彰広、南桂子、元永定正、山口啓介、山田純嗣、山本鼎、山中現

山田純嗣の新作 右: 「(18-20) 樹花鳥獣」、左:「(18-19) THE BLACK SIGNATURE」
覗いてみたり、様々な角度からご鑑賞ください。

[ サイトウノリコ ] [ トップtopics ] [ 中村 正義 ] [ 二階武宏 ] [ 作田 富幸 ] [ 北川 健次 ] [ 古茂田 守介 ] [ 呉 亜沙 ] [ 安元 亮祐 ] [ 山中 現 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 斎藤 真一 ] [ 橋場 信夫 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 浜口 陽三 ] [ 渡辺 千尋 ] [ 田沼 利規 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 藤田 夢香 ] [ 見崎彰広 ] [ 設楽 知昭 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 長谷川 利行 ] [ 門坂 流 ] [ 集治千晶 ] [ 駒井哲郎・長谷川潔・浜口陽三 ] Collection|近代美術 ⇄ Selection|現代美術

[ 2019年1月8日 ]

〈終了しました。〉2019 1/10(木)-26(土)|日曜・祝日休廊|11:00-18:30

《近代美術と現代美術をいかにつなげるか…》をテーマとした企画。
近代美術コレクション+現代作家の新近作を「ヒトガタ」「イキモノ」「アルカタチ」「風景と静物」の4セクションで対峙させる。

→展覧会詳細

[ 設楽 知昭 ] 設楽知昭新作展「瞼 まぶた」:会場風景

[ 2017年2月26日 ]























[ 中佐藤 滋 ] [ 二階武宏 ] [ 伊藤 亜矢美 ] [ 呉 亜沙 ] [ 安元 亮祐 ] [ 展覧会情報 ] [ 山中 現 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 斎藤 真一 ] [ 會田 千夏 ] [ 橋場 信夫 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 結城 泰介 ] [ 藤田 典子 ] [ 見崎彰広 ] [ 設楽 知昭 ] [ 過去|past ] [ 鈴木 敦子 ] [ 門坂 流 ] ねこまみれ うさぎやいぬらの てもかりて

[ 2017年1月6日 ]

2017.1.11(水)-2.4(土) 月曜休廊  11:00~18:30
※ 本年より展覧会期中の日曜日は営業いたします。(月曜休廊)

ギャラリーアーティスト多数が出品中する「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」(全国の美術館巡回中)がいよいよ関東で開催されます。
この本家「猫まみれ展」出品作家を中心に、個性豊かな猫芸術の新作や干支アニマル(兎・戌・酉など)を50点以上出品致します。

[出品作家]
會田千夏(油彩)、浅野勝美(ミクストメディア・銅版画)、池田満寿夫(リトグラフ)、池田俊彦(銅版画)、伊藤亜矢美(立体・モノタイプ)、
井桁裕子(立体)、門坂 流(油彩・銅版画)、 亀井三千代(水墨)、呉 亜沙(ガラス絵・立体・ドローイング)、斎藤真一(水彩) 、
設楽知昭(ドローイング)、集治千晶(ガラス絵)、鈴木敦子(ペインティング・木版画)、中佐藤 滋(アクリル)、 成田朱希(ドローイング)、
二階武宏(木口木版画)、橋場信夫(ミクストメディア)、浜田知明(銅版画)、藤田典子(銅版画)、馬籠伸郎(函オブジェ) 、見崎彰広(リトグラフ)、
安元亮祐(立体・アクリル・ドローイング)、山田純嗣(インタリオオンフォト)、山中 現(木版画)、山本 温(木版画)、結城泰介(銅版画) 他
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」1/14 — 3/12
会場:川越市立美術館
池田満寿夫、伊藤亜矢美、門坂 流、呉 亜沙、斎藤真一、鈴木敦子、
中佐藤 滋、成田朱希、安元亮祐、山中 現、山田純嗣 他

《作品集販売します!》
赤表紙:『招き猫亭コレクション 猫まみれ』 カラー318頁/求龍堂刊 2500円+tax
青表紙:『招き猫亭コレクション 猫まみれ 2 』カラー318頁/求龍堂刊 2300円+tax

   

 

[ トップtopics ] [ 中佐藤 滋 ] [ 二階武宏 ] [ 伊藤 亜矢美 ] [ 呉 亜沙 ] [ 安元 亮祐 ] [ 山中 現 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 斎藤 真一 ] [ 會田 千夏 ] [ 橋場 信夫 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 結城 泰介 ] [ 藤田 典子 ] [ 見崎彰広 ] [ 設楽 知昭 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 門坂 流 ] ねこまみれ うさぎやいぬらの てもかりて

[ 2017年1月6日 ]

2017.1.11(水)-2.4(土) 月曜休廊 11:00~18:30

※ 本年より展覧会期中の日曜日は営業いたします。(月曜休)

ギャラリーアーティストが多数出品中の「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」(全国の美術館巡回中)がいよいよ関東で開催されます。この「猫まみれ展」出品作家を中心に、個性豊かな猫芸術の新作や、干支アニマル(卯・戌・酉など)を50点以上出品致します。

→詳細

[ トップtopics ] [ 設楽 知昭 ] 設楽知昭新作展「瞼 まぶた」

[ 2016年11月8日 ]

会期:11/14(月)-12/10(土) 日祝休廊 11:00-18:30

設楽知昭(1955~北海道生れ。愛知県立芸術大学教授)による当画廊2年振り2度目の個展。
今展では、ピアニカ、視力検査表、玩具、虫眼鏡、包丁、鏡など…
物質そのものを支持体にした油彩・エンコスティック等による新作絵画20点程、
ドローイングが収録されたファイル、
30年ぶりの発表となる版画集「フレネルレンズ視−フレネルレンズに基づく四つの寓意的な版−」(1986年作・白土舎刊)や、石膏摺り版画等も出品します

→詳細

[ 展覧会情報 ] [ 設楽 知昭 ] [ 過去|past ] 設楽知昭新作展「瞼 まぶた」

[ 2016年11月8日 ]

会期:11/14(月)-12/10(土) 日祝休廊 11:00-18:30

◆作家在廊日 11/14、12/10

 

設楽知昭(1955~北海道生れ。愛知県立芸術大学教授)による当画廊2年振り2度目の個展。
今展では、ピアニカ、視力検査表、玩具、虫眼鏡、包丁、鏡など…
物質そのものを支持体にした油彩・エンコスティック等による新作絵画20点程、ドローイングが収録されたファイル、30年ぶりの発表となる版画集「フレネルレンズ視−フレネルレンズに基づく四つの寓意的な版−」(1986年作・白土舎刊)や、石膏摺り版画等も出品します。

 

★アーティストブックレットvol.6を刊行、販売致します。
『瞼 まぶた 設楽知昭』
¥1000+tax

・B5版カラー28項、限定200部
・設楽知昭…「新作とコトバ」収録
・テキスト…秋葉史典
・2016年11月14日 不忍画廊刊行

★プロフィール

1955年北海道生まれ。1980年愛知県立芸術大学大学院終了。1993年より白土舎(名古屋)で「目のギブス」など10数回個展を開催、1986年石膏刷りを出品。名古屋市美術館「ポジション1994」、上野の森美術館「VOCA展」、愛知県立美術館「放課後のはらっぱ」、「アイチのチカラ」、北海道立近代美術館他「北海道・今日の美術 語る身体・10人のアプローチ」等出品。1996年石田財団芸術奨励賞受賞。現在、愛知県立芸術大学教授。愛知県在住

 

[ ふるかはひでたか ] [ ホルスト・ヤンセン ] [ 二階武宏 ] [ 佐々木誠 ] [ 坂本 藍子 ] [ 安元 亮祐 ] [ 山田 純嗣 ] [ 斎藤 真一 ] [ 會田 千夏 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 田沼 利規 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 設楽 知昭 ] [ 長谷川 利行 ] [ 門坂 流 ] [ 門坂 流・渡辺千尋 ] [ 駒井哲郎・長谷川潔・浜口陽三 ] 「線の芸術」ドローイング展:会場風景

[ 2016年10月27日 ]











[ ホルスト・ヤンセン ] [ 二階武宏 ] [ 坂本 藍子 ] [ 安元 亮祐 ] [ 展覧会情報 ] [ 山田 純嗣 ] [ 斎藤 真一 ] [ 會田 千夏 ] [ 池田 俊彦 ] [ 池田 満寿夫 ] [ 田沼 利規 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 設楽 知昭 ] [ 過去|past ] [ 長谷川 利行 ] 「線の芸術」ドローイング展

[ 2016年5月23日 ]

会期:2016.6.16(木)~7.16(土) 11:00~18:30 日祝休
後半展示:7/7(木)~7/16(土)

現代作家のドローイング(新作)とギャラリーコレクションによる企画。〈描く・刻む・書く〉事で表現されたドローイング、銅版画、直筆詩、陶絵付けなど「線の芸術」 50選!◎会期中に一部展示替えを予定。展示しきれない作品もありますので、興味ある作家・作品についてはご来廊時にお問合せ下さい。

出品作家:會田千夏/池田満寿夫/池田俊彦/大谷有花/門坂流/斎藤真一/坂本藍子/佐々木誠/設楽知昭/庄司朝美/田沼利規/二階武宏/長谷川潔/長谷川利行/藤田典子/ふるかはひでたか/箕輪千絵子/安元亮祐/山田純嗣/山口啓介/ジャン・フォートリエ/ホルスト・ヤンセン/ルイーズ・ネヴァルソン/ほか

 

[ アーティストニュース ] [ 山田 純嗣 ] [ 柳 ヨシカズ ] [ 渡辺 千尋 ] [ 田沼 利規 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 見崎彰広 ] [ 設楽 知昭 ] [ 門坂 流 ] ART NAGOYA 2016に出展致します。

[ 2016年2月1日 ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ART NAGOYA 2016に出展致します。


■名称 ART NAGOYA 2016
■開催日時 2016年2月20日(土) 11:00~19:00
2016年2月21日(日) 11:00~18:00
■プレビュー 2016年2月19日(金) 13:00~19:30
※招待者、プレスのみ入場可能です
■会場 ウェスティンナゴヤキャッスル 9F フロア 911号室 〒451-8551 名古屋市西区樋の口町3-19
TEL:052-521-2121
※公共交通機関のご利用をお勧めします。(access

〈出品予定作家〉
渡辺千尋、門坂流、設楽知昭、山田純嗣、繁田直美、柳ヨシカズ、藤田典子、箕輪千絵子、田沼利規、見崎彰広

[ ヴォルス ] [ 二階武宏 ] [ 伊藤 亜矢美 ] [ 作田 富幸 ] [ 元田 久治 ] [ 呉 亜沙 ] [ 大島 哲以 ] [ 安元 亮祐 ] [ 展覧会情報 ] [ 山田 純嗣 ] [ 成田 朱希 ] [ 斎藤 真一 ] [ 會田 千夏 ] [ 柳 ヨシカズ ] [ 池田 俊彦 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 結城 泰介 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 藤田典子・箕輪千絵子 ] [ 設楽 知昭 ] [ 過去|past ] [ 釣谷 幸輝 ] [ 鈴木 敦子 ] [ 長谷川 利行 ] リミックス!!-new works+collection-

[ 2014年12月27日 ]

リミックス!!-new works+collection-
会期:2015年1月13日(火)―2月7日(土)
休廊日:日曜日、祝日
営業時間:11:00―18:30

[ 設楽 知昭 ] 設楽知昭展「光・人間・顔料絵画」 (2014.5.9~6.7)

[ 2014年6月7日 ]

 

 


「露光」につかわれたスタンプたち

[ アーティストニュース ] [ 山田 純嗣 ] [ 箕輪 千絵子 ] [ 藤浪 理恵子 ] [ 藤田 典子 ] [ 藤田 夢香 ] [ 設楽 知昭 ] ART NAGOYA 2014 に出品

[ 2014年5月28日 ]

8月1日(プレヴュー)、2日、3日に開催される「ART NAGOYA 2014」に出展いたします。
二度目の参加となります今回は、山田純嗣、設楽知昭、藤田典子と愛知県所縁のアーティストの他、若手から実力派アーティストまで7名の作家の出品を予定しております。ラグジュアリーなホテル空間の中、普段お会いする機会の少ない名古屋圏のアートファンの方にもお楽しみ頂けること楽しみにしております。

[出品予定作家]
設楽知昭/山田純嗣/藤浪理恵子/藤田夢香/藤田典子/箕輪千絵子/繁田直美


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
山田純嗣《(13-5)FLOWERS》2013/140x160mm
ポリコートパネルに印画紙、樹脂、パールパウダー、インタリオ・オン・フォト

[ ART NAGOYA 2014開催概要 ]
会期:2014年8月2日(土) 11:00~19:00 / 2014年8月3日(日) 11:00~18:00
会場:ウェスティンナゴヤキャッスル9F  906号室
ART NAGOYA 2014公式HP

[ 設楽 知昭 ] ヒトガタ

[ 2014年5月9日 ]


設楽知昭  「ヒトガタ」
2013 oil and carbon on felt and copper 162×175mm

 

『露光』の制作のためにスタンプを作りました。フェルトを切り抜くのですが、チャコールペンシルでフェルトにどのような形にしようかと描いてみると、これはスタンプにはならずに小さな絵になったのです。『露光』を描きながら、ときどきこの絵に絵具をつけ、このようになりました。
さて、高野山で弘法大師が座ったというフェルトを見たことがあります。弘法大師が中国から持って来たものでしょうか。弘法大師の業績というものは偉大なものですが、私はフェルトもいいと思います。

[ 設楽 知昭 ] 急な羽音の景色

[ 2014年5月9日 ]


設楽知昭  「急な羽音の景色」
2014 oil on canvas 910×727mm

 

散歩をしていて遠くの山を見ていたところ、急に耳元に虫が飛んできてびっくりしました。遠くの山に向けていた意識がいっぺんに移動(ワープ)して来たのです。この絵の始まりはそんなところからなのですが──遠くの手に触れることの出来ない山(山に触れることは出来ないのですね)と、耳元の羽音(虫)という近すぎて見ることの出来ないことが同時に在ったということが、面白かったのです。しかし、絵というものは、遠くのものも近くのものも、私はこの腕の届く距離で、画面に対し描き見ているのですから、絵というものも不思議なことです。

Back to top