呉亜沙個展 “迷子”

[ 2016年7月16日 ]

中央立体:「迷子」80×82×h228cm
平面左から:「迷う」油彩 F80、「Self portrait」油彩、レースほか SM、「the others」油彩 F20

第Ⅱ部 新作個展 ”迷 子”
会期:2016年8月15日(月)~9月3日(土) 日祝休廊
時間:11:00~18:30
★在廊日 8/15(月)、27(土)、9/3(土)

新作は二人の子供の内、特に「娘」が作品の重要なテーマ。 制作と子育て、両立しなければならない物理的な拘束すらも軽やかに作品に取り込んでいます。
「自分の身近な存在である娘という他者を見つめる中で、彼女がまた新しい他者を生み出す存在であるという意識から生まれた作品たち。
人間て常に迷い彷徨い続ける迷子だと思いながら制作しました。 私も娘も迷子。みんな迷子になりながら進んで行くのだと思いました。呉亜沙」
油彩・立体/インスタレーションによる、新作20点ほどの展示になります。
新刊 当画廊6年ぶりの個展を記念し -第Ⅱ部-の会期に合わせ「呉亜沙ポストカード集"迷子”」を刊行。
12枚セット、テキスト収録、限定100 ¥1,080

『呉亜沙ポストカード集“迷子”』(8.15刊行) ¥1,080


【呉亜沙 PAPER WORKS展】

● ● ● ● ● ● ● ● ●

左:生まれたかった私 2016 油彩・キャンバス F50 右:新宿 1999 油彩・キャンバス  F15

第Ⅰ部 最初期作品から新作へ
会期:2016年7月25日(月)~8月3日(水)日祝休廊
時間:11:00~18:30

女子美術大学~東京芸大大学院時代(1999~2003,4頃)の黄白色地に動物・人物を線描きする初期作品を中心に、新作(プレビュー)と組合せた企画。
在学中に急激に人気アーティストとなり現在まで駆け抜けてきた呉亜沙の初めての(プチ)クロニクル展です。 初紹介の最初期作品ばかりのこの第Ⅰ部は、呉亜沙ファンにとっても見逃せない貴重な機会となります。
この15年間の成長を、作品を通して見せたい企画です。平面・立体による30点程出品。

【呉亜沙 アーティストページ】

Back to top