山田純嗣展 絵画をめぐって 反復・反転・反映

[ 2014年8月12日 ]

 

山田純嗣展 絵画をめぐって 反復・反転・反映
会期:2014年8月30日(土)―9月27日(土)
休廊日:9月7日、14日、15日、21日、23日
営業時間:11:00―18:30

今夏(7/19―8/17)、一宮市三岸節子記念美術館で個展「絵画をめぐって 理想郷と三遠法」が開催され、ドローイング、インスタレーション、平面の三部構成の展示はアートファンの間で静かな反響を呼び、NHK日曜美術館アートシーンでも紹介されました。今展では《絵画をめぐって 反復・反転・反映》と題し、上記美術館でも出品されたモネ「睡蓮」、福田平八郎「漣」、ウイリアムモリス「いちご泥棒」、ポロック等をモティーフにした作品に新作小品を加え10余点の展示となります。

【テキスト:鏡としての絵画】

【山田純嗣プロフィール】

【出品作リスト】


(14-1)WATER LILIES  2013-14
ポリコートパネルに印画紙 、樹脂、パールパウダー、ラメ、
インタリオ・オン・フォト、パールペイント 189×194cm

.山田純嗣は、作家独自の手法(インタリオ オン フォト)により、この数年<絵画をめぐって>というシリーズで古今東西の名画を元に作品を制作しています。.

 

 

 

 

 

 

会期初日と二日目に、アーティストトークと、対談を行います。
一見しただけではわかりにくい山田作品の制作の秘密や、絵画への考察について、
少し理解が深められるかもしれません。
ご興味ございましたら、是非ご来廊くださいませ。

◇◇◇

00【オープニングパーティ+アーティストトーク】 8月30日(土) 16:30―18:30
. .
00【対談「絵画をめぐって」 藤原えりみ(美術ジャーナリスト)、山田純嗣】 008月31日(日) 16:00より

/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Back to top