二階武宏展≪木口木版画・ドローイング・油彩≫

[ 2014年9月10日 ]

二階武宏展≪木口木版画・ドローイング・油彩≫
会期:2014年10月10日(金)―11月1日(土)
休廊日:日曜日、祝日
営業時間:11:00―18:30

オープニングパーティ◇10月11日(土)16:30~
作家在廊日◇10月10日、11日、24日、25日、31日、11月1日

この度、二階武宏(1980年 名古屋市生れ 京都在住)の個展を開催いたします。
圧倒的な技術と独特な世界観によるイメージは 国内だけにとどまらず、ここ数年で海外でも熱狂的なファンを獲得しています。
東京での初個展となる今回は、木口木版画、ドローイング、作家初の試みである油彩など新作を含む33点の二階武宏の仕事をご紹介いたします。
この機会にぜひご高覧頂き、二階ワールドを体感していただけましたら幸いです。

 

「有機的な夜警」 2014 木口木版

 

 

作家コメント

<木口木版について>
あるようでないイメージを、手探りで版上を探索し、刃を入れることで、濃縮された
水滴の波紋が拡がっていくように現れるイメージを求めて制作しています。

<ドローイング、ペインティングについて>
画面の内にランダムで線を引いて空間の中にできた仕切りの様なインクが積み重なっ
て物質として立ち上がってくる様子をイメージとして定着させています。ペインティ
ングはドローイングと似ていますが、はじめは絵の具の筆跡からはじまります。一旦
放って置いて形を見つけてまた絵の具を置いていきます。そうしていく内に形が形成
され出来上がります。内在するイメージを抽出する、といった感じです。

【二階武宏略歴】

相馬俊樹WEB評論「アール・エゾテリック “二階武宏”」

 


『二階武宏木口木版画全作品集』 ¥2,160(税込)
限定350部(活版印刷作品入り) 182×257mm 73頁

 

Back to top