サイトウノリコ展 “ひみつきち” | 見崎彰広展 “時間のかたち”」

[ 2018年7月14日 ]

終了しました 会期:7/17 (火) – 8/4(土) 11:00-18:30 日曜休廊 

2つの新作個展を同時開催致します。
仕切り壁は設けず、二人の各作品は一目で見渡せます。
世代も手法も性質も異なる2作家の作品による静かな科学反応をお楽しみください。

サイトウノリコ(1973~横須賀生れ 多摩美卒)は、
世界的にも数少ないドライポイント手法中心のアーティスト。
力強い線描とカラッとした色彩が特徴。
小展示室ではミニ・ペインティングも出品しています。

見崎彰広(1987~東京生れ 東京藝大日本画卒)は、
日本画の世界から、リトグラフ作家になった稀有なアーティスト。
リト作品とは思えないメゾチントのような<深い黒>が特徴です。
隙間なく引いた線で作る黒面によるドローイング新作も6点ほど出品しています。

 

→展覧会詳細

[ サイトウノリコ ][ トップtopics ][ 見崎彰広 ] サイトウノリコ展 “ひみつきち” | 見崎彰広展 “時間のかたち”」

[ 2018年7月14日 ]

終了しました 会期:7/17 (火) – 8/4(土) 11:00-18:30 日曜休廊 

2つの新作個展を同時開催致します。
仕切り壁は設けず、二人の各作品は一目で見渡せます。
世代も手法も性質も異なる2作家の作品による静かな科学反応をお楽しみください。

サイトウノリコ(1973~横須賀生れ 多摩美卒)は、
世界的にも数少ないドライポイント手法中心のアーティスト。
力強い線描とカラッとした色彩が特徴。
小展示室ではミニ・ペインティングも出品しています。

見崎彰広(1987~東京生れ 東京藝大日本画卒)は、
日本画の世界から、リトグラフ作家になった稀有なアーティスト。
リト作品とは思えないメゾチントのような<深い黒>が特徴です。
隙間なく引いた線で作る黒面によるドローイング新作も6点ほど出品しています。

 

→展覧会詳細

Back to top