hundreds of faces -100faces & friends- 作田富幸 個展

[ 2014年3月9日 ]

2014年3月17日(月)~4月5日(土)
休廊日:日曜・祝日
営業時間:11:00~18:30
◇オープニングパーティー:3.22(土) 16時~18時30分/アーティスト・トーク 17時30分~
◇作家在廊日:3.17(月), 22(土), 28(金), 29(土), 4.4(金), 5(土)

2008年以来5年ぶりとなる個展を開催いたします。
ハガキ大の銅版画を並べて一つの作品にする「100faces」と「friends」という2つのシリーズを画廊の壁一面に展示予定です。
人物の顔を独特の表現で肖像化した銅版画作品「100faces」シリーズをこれまで制作してきた作田は、今回、スウェーデンの工房で出会った友人の肖像を用いた新シリーズ「friends」を制作。両シリーズを同時に展示する初の展覧会となります。
その他、ボックスアートなども出品予定です。

3月22日(土)のオープニングパーティー内でアーティスト・トークを開催します。
17時30分より、作田富幸が出品作品についてお話しします。
(オープニングパーティー、アーティスト・トークともに、どなたでもご参加いただけます)

【 作田富幸アーティストページ 】

 

同時開催: 「本の芸術」 ~武井武雄の「刊本」を知って~

2014年3月17日(月)~4月5日(土)
会場:不忍画廊 小展示室
休廊日:日曜・祝日
営業時間:11:00~18:30
同時開催:「hundreds of faces 作田富幸個展」

◎出品作家
伊藤亜矢美 設楽知昭 鈴木敦子 つちやゆみ 釣谷幸輝 橋場信夫
藤田夢香 安元亮祐 山中現
◎特別出品
「武井武雄刊本コレクション」(土屋禮一氏所蔵)

 

「刊本」というのを知っていますか?

『キンダーブック』 『コドモノクニ』等で活躍した武井武雄(1894~1983)が、絵画・彫刻・工芸など美術のジャンルに〝本という形式と素材によって表現する美術を加えたい〟と、抜群のセンスと類まれなプロデュース能力を発揮し、約50年の間に139冊制作した「本の芸術作品」に付けた呼称です。世界レヴェルの芸術作品である武井武雄の刊本について、もっと多くの美術ファンに知ってもらうべく掌企画を思いつきました。9人の現代作家に「本の芸術」というお題で新作を依頼、不忍画廊の真向かいで開催される「武井武雄の世界展」と同時期に展示いたします。併せてご高覧いただければ幸いです。

 
★「刊本作品」はイルフ童画館(武井武雄の美術館)で常設展示しています
【美術館所在地】長野県岡谷市中央町2-2-1 0266-24-3319

★「生誕120年 武井武雄の世界展」
【会期】3/26~4/6
【会場】日本橋高島屋8F
【主催】岡谷市、NHKサービスセンター、日本経済新聞社
童画・刊本・陶芸など約400点出品

Back to top